▶六浦藩「米倉家愛犬の塚」

金沢八景に陣屋を置いた横浜市唯一の大名である米倉丹後守(よねくらたんごのかみ)のエピソードをお話します。(6月2日 廣瀬 隆夫)

■ 米倉氏と金沢藩
米倉家は、もとは武田信玄の家臣でしたが、武田氏滅亡後、1582(天正10)年に徳川家康に仕えることになりました。七代目の米倉昌尹(まさただ)は、徳川綱吉に功績を認められ1696(元禄9)年1万石を与えられて異例の大出世を遂げました。その後、旗本から大名となり、金沢藩の藩主となりました。加賀の金沢藩と紛らわしいと言うことから、後に六浦藩と改名しました。

■ 中野の犬屋敷
徳川綱吉に認められた功績というのは、中野に作られた犬屋敷の建設でした。江戸の犬屋敷は、中野、大久保、四谷に作られましたが、その中でも中野は東京ドームの10個分以上の16万坪という広大な敷地に作られた犬屋敷で江戸中の町から集められた犬を10万匹以上収容していました。中野の犬屋敷は1695(元禄8)年から建設が始まり1699(元禄12)年には290棟の犬小屋が建てられたそうです。この犬小屋に大道の竹が使われたという話が残っています。犬屋敷が設けられた理由は、「生類憐れみの令」の施行で江戸の町中に犬が増えすぎたために、糞害や伝染病などの様々な問題が発生し、その問題を解決するためと言われています。当時の地図を見ますと中野駅の周りはほとんど犬屋敷だったことが分かります。

中野の犬屋敷

■ 米倉家愛犬の塚
金沢八景駅の裏に米倉家の墓地があります。立派な藩主の墓石の傍らに「米倉家愛犬の塚」という墓石があります。犬のために、ずいぶん立派なお墓を作ったものだと不思議に思っていましたが、米倉昌尹の犬屋敷のエピソードを知り納得しました。米倉家は、先祖代々、犬を家族のように大切に扱っていて、飼っていた犬のお墓を建てたものと思われます。墓石には、1914(大正3)年建立と彫ってありました。

徳川綱吉の「生類憐みの令」は、歴史の教科書には愚策と書かれていますが、捨て子や病人、高齢者、動物(犬、猫、鳥、魚類、貝類、昆虫類)という弱いものを大切にするという綱吉の考えを反映させたものだったと言う説もあります。それは、生きものを大切にして平和に暮らすという日本人のアイデンティティを形成する上で重要な役割を果たしたのではないかと思います。今は、ペットブームで、江戸時代の何倍もの犬が飼われていますが、令和の時代に、もう一度、綱吉の「生類憐みの令」を評価しても良いのではないかと思っています。

【参考】
https://ja.wikipedia.org/wiki/犬小屋_(江戸幕府)
https://ja.wikipedia.org/wiki/米倉昌尹
https://ja.wikipedia.org/wiki/六浦藩
https://ja.wikipedia.org/wiki/生類憐れみの令
https://www.visit.city-tokyo-nakano.jp/attractions/park/180296/
https://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/102500/d020157.html
http://www2u.biglobe.ne.jp/~itou/okakoi.htm

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。