▶落語「大山詣り」と金沢八景の「烏帽子岩」

横須賀に住んでいる落語好きの知人からから金沢八景に「烏帽子岩」と言うのがあったのを知っていますか、というメールが入りました。メールは、こんな内容でした。(5月30日 廣瀬 隆夫)
ーーーー
「大山詣り」という落語のお話。江戸の横町に住んでいる連中の娯楽に大山詣りという旅がある。目的は信心なんだけど、男ばかり18人で大山へお参りをする。その本当の目的は帰りの寄り道の藤沢の宿での女郎買い。行きは甲州街道でまっすぐ行くが、帰りは物見遊山で東海道へ回る。こうした旅で嫌われたのが喧嘩。しかし、飲んだら喧嘩は起きる。喧嘩したら頭を丸めるという決め事で行ったけど、大げんかをして深夜に坊主にされ、宿に置いてきぼりを食った乱暴者の熊さんが、ひとり後から駕篭を飛ばしてそっとみんなを追い越し、長屋に帰ってきて、メンバーのかみさんを集めて、みんなは金沢八景から舟で出て米が浜に向かったが、天候の急変で遭難し、自分以外は助からなかったと嘘を言って、かみさん連中をみんな坊主にさせてしまう。お怪我(お毛)が無くって良かったという落ちの話ですが、その時、八景の先の烏帽子岩を回った先で天候が急変したというくだりがある。しかし、僕の知っている烏帽子岩は、茅ヶ崎。なんだか変だなと思っていたら、タウン誌に、昔、金沢八景の野島の手前にあったという記事が出ていた。旧日本軍が、夏島の飛行場建設に邪魔になったので削っちゃったと言う記事を見て、納得した次第です。金沢八景に「烏帽子岩」と言うのがあったのを知っていますか?
ーーーー

そこで、さっそく古今亭志ん朝の「大山詣り」を送ってもらって聴いてみました。「藤沢で一晩泊って宿を出た時、金沢八景を見物しようということになった。ここまで来たのだから、ついでに舟で米が浜のお祖師様(おそすさま)にお参りしよう」と確かに言っていました。調べましたら米が浜のお祖師様は、平和中央公園の近くの龍本寺のことなんですね。正式には猿海山龍本寺と言って、日蓮上人の白猿伝説が残る由緒あるお寺です。昔は、この寺のすぐ近くまで海岸線が迫っていて海上交通には便利なところだったようです。

さて、問題の烏帽子岩ですが、昔の絵図には烏帽子島と書かれています。広重の金沢八景の浮世絵の「野島夕照」には画面の左から野島、夏島、烏帽子島が描かれています。野島と夏島は埋め立て地の中の小山としてかろうじて姿をとどめていますが、今は烏帽子島はありません。明治初45年、夏島の周辺の海は埋め立てられ日本初の軍用飛行場ができました。その際、飛行の邪魔になるということで右手に見える烏帽子島は艦砲射撃の訓練を兼ねて破壊されその姿を消しました。軍都による開発はさらに進み、敵の攻撃から戦闘機を守るため野島には戦闘機専用の格納庫の横穴が掘られました。

江戸名所図会の「浦の郷」にも描かれていて、ここには「烏帽子島」とはっきりと名前が書かれています。でも、地元の人は「烏帽子岩」と呼んでいましたので間違いではありません。落語でも、圓生は「烏帽子島」と言い、志ん朝や夢楽は「烏帽子岩」と呼んでいました。

金沢八景は、鎌倉や江の島に行った帰りに立ち寄ったり、この落語のように大山詣りに参詣した人たちが楽しんだ所だったようです。伊藤博文が明治憲法の草案を考えた東屋や千代本という料亭があり、平潟湾で捕れた鯛やヒラメを食べながら景色を楽しむという粋な遊びができた場所でした。春は潮干狩り、夏は海水浴、秋は月見、冬は雪見が楽むことができました。能見堂という高台からは、金沢八景が一望できました。そこには茶屋が出て旅人に饅頭をふるまったそうです。
https://itami-yellzaidan.com/content/2021/08/28/kanazawahistory-3/
http://hirose.my.coocan.jp/text/chanomi/161114.htm

その能見堂には戦前まで「筆捨ての松」という大きな松がありました。名の由来は、昔、そこを訪れた絵師が八景の景色を描こうと絵筆を持ちましたが、あまりの美しさに絵が描けずに自分の力量を悲観して、その松の根元に筆を投げ捨ててしまったというものです。大正時代に台風で倒れて、戦時中に燃料の松油をとるために切られてしまいました。今では、そこには「金沢八景根元の地」という石碑だけが立っています。
https://www.ne.jp/asahi/koiwa/hakkei/hudesutenomatu.html
https://bunka.nii.ac.jp/heritages/detail/433604

戦争が無かったら、「烏帽子岩」も「筆捨ての松」も残っていたでしょうし、野島に無残な戦闘機の格納庫の横穴も掘らなくて良かったのです。戦争は金沢八景や横須賀の風景を大きく変えてしまいました。あれから80年近く経った今でも、戦争で美しいウクライナの景観を破壊していますが、こんなバカなことは一刻も早く止めてもらいたいと思います。お後がよろしいようで・・・。

【参考】
https://blog.goo.ne.jp/tivgdtd/e/8bd4315a73d6e10cc8a2e045ee571356
https://blog.goo.ne.jp/nakatugawaoyazi/e/c9bff338c00db1c69b11653886914f98

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です