▶伊丹エール財団の事業主旨

金沢・伊丹の歴史・文化を保護し、
教育助成を通じ人材を未来に引き継ぐために

金沢区は横浜市の最南端に位置し古来より六浦荘が設置され、鎌倉幕府執権北条実時が隠棲のおり、金沢北条氏歴代肖像画の優品と時を刻む称名寺が建立されました。

江戸時代には「金沢八景」と称される風光明媚な風景を浮世絵師歌川広重が描きました。釡利谷領主であった伊丹左京亮(北条氏康家臣)はこの地を領し、伊丹氏の末裔である伊丹次郎、伊丹三郎は金沢を愛し、この歴史的な地域・金沢の文化向上を願い、歴史保存・調査を進めるとともに広く文化的体験の機会を提供する公益活動を通して、かけがえのない人材・歴史文化財を未来へ引き継ぐ事業を進めています。

私たちが将来に伝える一般財団法人伊丹エール財団は福祉と社会の健全な発展に寄与することを目的に活動いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。